No.15-001

喘息と診断されると、病院では喘息の薬を処方され治療を行なっていきます。

喘息の薬というと、一番に思い浮かぶのが発作時に使う吸入ですね。
しかし、喘息に使われる薬はそれだけではありません。

では、具体的にどのような薬が使われるのか?
詳しく見ていきましょう。

喘息の薬の種類とは!?

喘息の治療中に処方される薬について紹介します。

抗炎症薬 気管支拡張剤
長期管理薬 吸入ステロイド、抗アレルギー薬 β2受容体刺激薬(長期作用型)、テオフィリン製剤、抗コリン薬
発作治療薬 ステロイド(経口・静注) β2受容体刺激薬(短期作用型)

上の表を見て頂くと分かる通り、一口に喘息の治療薬といっても「長期管理薬」と「発作治療薬」の2種類が存在します。

これらの違いは、喘息の発作を予防する「長期管理薬」に対し「発作治療薬」は発作が起こった時に使う薬となります。

また、気道の炎症を抑える「抗炎症薬」と気管支を広げるよう作用する「気管支拡張剤」もあり、どれか1つを使うのではなく、これら4種類の薬を状況に合わせて使い分けることになります。

処方された薬は全て使うのが基本

前述した通り、一口に喘息の治療薬と言っても、喘息の薬には種類があります。

しかし、ここで大切なのが「処方された全ての薬を使うこと」です。

よく、薬は身体に良くないから・・・という誤解によって、予防の役割を持つ「長期管理薬」の服用を自己判断で止めてしまう方がいます。

医師の判断によって、服用しないのであれば問題ありませんが、医師は必要だと判断し処方しているにも関わらず、自己判断で止めてしまうのはとても危険なことです。

この場合、長期管理薬を服用中よりも喘息の発作が起こりやすくなってしまいます。

薬は多かれ少なかれ副作用が存在しますが、医師が必要だと判断し処方している場合は、副作用よりも発作の頻度が多い方が身体にとって負担であると診断しているからです。

その状態で自己判断によって長期管理薬を止めてしまうと、喘息の症状が悪化してしまう可能性が高くとても危険です。

処方された薬は、全て用量用法を守り正しく服用しましょう。

また、処方薬に関する疑問や不安をお持ちの方は、主治医に相談されることをおすすめします。

喘息の治療薬というのは、長期間服用する薬ですので、疑問や不安を持ったまま服用を続けるのはあまり良いことではありません。

ご自身が安心して服用できるよう、疑問や不安は我慢せず、主治医に話してみて下さいね。