大人になってから発症することも!?大人の喘息の治療について

  • LINEで送る

No.08-001

喘息ということ「子どもの病気」というイメージをもたれがちですが、大人になってから喘息を発症するというケースも珍しくありません。

また、一昔前と比べ大人になってから喘息を発症するという方は年々増加傾向にあり、その内の約半数は40代以降に発症しています。

つまり「喘息なんて自分には関係ない」なんて思っている方もいつ喘息を発症してしまうか分からないということなんですね。

では何故、大人になってから喘息を発症するのか?
また、大人の喘息にはどのような治療を行なうのか?
詳しく見ていきましょう。

大人の喘息は治らない!?大人になってから発症する喘息について

一口に喘息といっても、喘息には「アトピー型喘息」と「非アトピー型喘息」の2種類があります。

子どもの喘息に多いのが「アトピー型喘息」に対し、大人の喘息は「非アトピー型喘息」に分類されることが圧倒的に多い為、一度、喘息を発症すると治りにくく割合としては1割以下だと言われています。

では何故、大人になってから喘息を発症するのか?
その大きな原因は、一般的に風邪や過労、ストレスなどが誘因し・・・と言われていますが、活性酸素による影響も大きいという考えもあるのです。

活性酸素というのは、加齢や疲労、ストレス、紫外線など様々な要因によって体内で発生し、身体のありとあらゆる細胞を酸化、つまり老化させるよう働きます。

個人差はあるものの、一般的に40代以降になると体内では活性酸素が発生しやすくなりますので、こうした影響を受け、細胞が傷つくことで喘息を発症してしまうという説もあるのです。

大人の喘息、治らなくても予防はできる!

前述した通り、大人になってから発症する喘息は、子どもの喘息と比べ、治りにくいと言われています。

しかし、治りにくいからといって悲観する必要はありません。

というのも、「喘息」自体は治らなくても、発作が起こらないよう予防することは充分に可能だからです。

喘息で一番辛いのは、発作が起こった時ですね。
この発作さえ起こらなければ、大分楽になるのではないでしょうか。

喘息の治し方とは!?喘息の治療方法」でも詳しく紹介していますが、喘息の治療というのは「予防」と「対処」の2つをセットで行なうことが大切です。

その為、日頃から発作が起こらないよう予防しておくことで、喘息の症状を抑えることができますので、諦めず治療を続けていきましょう。

また、治療に加え生活習慣に気を付けることで喘息の発作を更に防ぐことができます。

ご自身がどんな状況、環境で発作が起こりやすいか?を見極め、生活習慣の中でも気を付けられることは気を付けていくことも大切です。

その喘息治るかも??管理人の喘息を完治させたカテキン茶はこれ!

7452-1481728761-3

知っていました?喘息発作はお茶でコントロールできる可能性があるんです。

じつは、お茶に含まれるカテキンには気管支の収縮を抑える作用と、アレルギー物質の影響を抑制する働きをもった抗ヒスタミン作用があり、気管支の炎症を抑えることへの効果が期待できます。

アレルギー体質の改善をサポートしてくれるということは、喘息の症状緩和、そして改善へと繋がるわけです。

管理人は2歳の頃からずっと喘息に悩まされてきましたが、この「白井田七。茶」と出会ってからというもの、喘息に悩まされることはなくなりました。

ちなみに有機栽培のお茶ですので、小児喘息の子でも安心して飲むことができますよ。

全額返金保証もありますので、まずは試しにという方にもぜひおすすめです。

btn-review-340
btn-official-340
  • LINEで送る

このページの先頭へ