赤ちゃんや子供が発症する喘息とは?小児ぜんそくの治療について

  • LINEで送る

No.09-001

小児ぜんそく・・・誰でも一度くらいは耳にしたこともあるのではないでしょうか。

小児ぜんそくとは、赤ちゃんや子供が何かしらのアレルゲンによって発症するぜんそくのことを指します。

お子さんが小児ぜんそくと診断され、戸惑っている親御さんも多いですね。

そこで、ここでは赤ちゃんや子供が発症する小児ぜんそくについて詳しく紹介していきますので、是非、ご参照下さい。

小児ぜんそくはいつ発症する!?

小児ぜんそくの発症時期は、個人差があるものの約80%のお子さんが1~3歳までの間に発症しているというデータがあります。

  • 風邪を引くと咳が長引く
  • ゼーゼー、ヒューヒューとした呼吸音が聞こえる

といった症状で気付く親御さんも多いですが、中には、呼吸困難に陥り救急で病院へ行き「小児ぜんそく」と診断されるケースも少なくありません。

小児ぜんそくの場合、アトピー型喘息といって埃やダニ、カビ、動物の毛、花粉などといったアレルゲンによって発作が誘発されることが多く、血液検査などでアレルゲンの特定をすることで治療方針を決めていくのが一般的です。

小児ぜんそくは治るの!?

喘息というと「治らない病気」というイメージを持たれがちですが、小児ぜんそくのあるお子さんの多くは「治る」とされています。

喘息の種類や状態によって違いはあるものの、全体の9割がアトピー型喘息となる尿に喘息の場合、その50~70%のお子さんが12~13歳くらいまでに治っているというデータがあるのです。

これは「子供だから・・・」という理由が大きいと言えます。

というのも、子供は大人と比べ、体内に入るアレルゲンに対し抗体を作りやすい為、喘息の発作の原因となるアレルゲンに対し、抗体が出来ることで喘息が治癒するのです。

但し、いつか治るであろう・・・という期待から、治療を怠るのはとても危険です。

治る可能性が高いとはいえ、医師によって完治という診断を得られるまでは治療を続けていくことが大切だと言えるでしょう。

発作を予防するために、ママができる3つのこと

小児ぜんそくは治りやすい喘息ですが、完治するまでは治療を行なうと同時に生活習慣も気を付けていく必要があります。

そこで、お子さんが辛い発作を起こさない為に3つのポイントに気を付けてあげましょう。

1.掃除を徹底する

ホコリやダニ、カビなどをアレルゲンとするお子さんはとても多い為、日頃から掃除を徹底して行いましょう。

2.洗濯はこまめに行う

衣類だけでなく、寝具やカーペット、カーテンに至るまで、洗濯できるものはこまめに洗濯しましょう。

但し、花粉に対してアレルギーがある場合は、外干ししないよう気を付けて下さいね。

3.こまめに布団を干しましょう

布団はダニにとって絶好の棲家となります。

こまめに干し、取り込んだ後は専用の掃除機ヘッドを用いてダニの死骸を掃除機で吸い取ることも忘れずに!

また、花粉に対してアレルギーがある場合には、外干しせず布団乾燥機を使用されると良いでしょう。

この場合には、乾燥後はダニの死骸を取り除くようにして下さいね。


このように、喘息は治療だけでなく生活習慣にも気を付ける必要があります。

お子さんの小児ぜんそくを治すためにも、できることから始めてみましょう。

その喘息治るかも??管理人の喘息を完治させたカテキン茶はこれ!

7452-1481728761-3

知っていました?喘息発作はお茶でコントロールできる可能性があるんです。

じつは、お茶に含まれるカテキンには気管支の収縮を抑える作用と、アレルギー物質の影響を抑制する働きをもった抗ヒスタミン作用があり、気管支の炎症を抑えることへの効果が期待できます。

アレルギー体質の改善をサポートしてくれるということは、喘息の症状緩和、そして改善へと繋がるわけです。

管理人は2歳の頃からずっと喘息に悩まされてきましたが、この「白井田七。茶」と出会ってからというもの、喘息に悩まされることはなくなりました。

ちなみに有機栽培のお茶ですので、小児喘息の子でも安心して飲むことができますよ。

全額返金保証もありますので、まずは試しにという方にもぜひおすすめです。

btn-review-340
btn-official-340
  • LINEで送る

このページの先頭へ