喘息の治し方とは!?喘息の治療方法

  • LINEで送る

No.07-001

喘息は自然治癒する可能性があるとはいえ、喘息と分かっていながら治療をせず放置するのはとても危険なことだといえます。

また、治療をしないことで治るものも治らなくなってしまう可能性も出てきますのでやはり、喘息と診断されたら病院で治療するのは必須だと考えて良いでしょう。

では、喘息と診断されたら、その後どのような治療を行なうのか?
喘息の治療方法について詳しく紹介します。

喘息治療方法について

喘息の治療方法は、大きく分けて2つ存在します。

1.喘息の発作が起こらない様、予防する治療

喘息の方の場合、日頃から気道が炎症を起こし敏感になっている状態です。

この状態でアレルゲン物質が体内に入ってきたり、環境や天気、ストレスなど喘息の発作を起こすきっかけとなる要因が起こると発作が起こりやすくなってしまいます。

その為、なるべく発作が起こらないよう予防する為にも気道の炎症を抑える為に「吸入ステロイド薬」を使います。

また、気道に炎症が起こっているとどうしても気道が狭くなってしまう為、医師によっては吸入ステロイド薬に加え「長時間作用型β2刺激薬」を一緒に処方する場合もあります。

2.喘息の発作が起こった時、対処する治療

予防していても何かの拍子に喘息の発作が起こってしまうケースは珍しくありません。

喘息の発作が起こった時は、発作を鎮めることが最優先となりますので「短時間作用性吸入β2刺激薬」といって狭くなってしまった気道を速やかに広げるよう作用する薬剤を使用します。

短時間作用性吸入β2刺激薬を使用することで、発作によって起こりやすくなる呼吸困難を防ぐことができる上、回復までの時間が早まりますのでいつ発作が起こっても良いよう、いつも持ち歩くことが大切だと言えるでしょう。

喘息治療は「予防」と「対処」のセットで行なうことが重要

前述したように、喘息の治療方法には「予防」と「対処」の2種類存在します。

ただ、2種類存在するからといってどちらか一方の治療方法のみを行なってもあまり意味がありませんので注意が必要です。

というのも、喘息というのは発作が起こりにくいよう「予防」することも、発作が起こった時に速やかに「対処」することも重要となります。

つまり、2種類の治療法をセットで行なうことが大切なのです。

予防するのは面倒・・・と、対処だけを行なっていると、発作が起こる回数が予防しているケースと比べどうしても増えてしまいます。

また、どんなに予防していても、喘息の発作は起こり得る為、対処できないと発作の症状が悪化し、場合によっては命に係わる重篤な状態へと移行してしまう可能性もゼロではありません。

その為、喘息の治療は、医師指示の元「予防」と「対処」2つの治療方法を行なっていくことが重要となるでしょう。

その喘息治るかも??管理人の喘息を完治させたカテキン茶はこれ!

7452-1481728761-3

知っていました?喘息発作はお茶でコントロールできる可能性があるんです。

じつは、お茶に含まれるカテキンには気管支の収縮を抑える作用と、アレルギー物質の影響を抑制する働きをもった抗ヒスタミン作用があり、気管支の炎症を抑えることへの効果が期待できます。

アレルギー体質の改善をサポートしてくれるということは、喘息の症状緩和、そして改善へと繋がるわけです。

管理人は2歳の頃からずっと喘息に悩まされてきましたが、この「白井田七。茶」と出会ってからというもの、喘息に悩まされることはなくなりました。

ちなみに有機栽培のお茶ですので、小児喘息の子でも安心して飲むことができますよ。

全額返金保証もありますので、まずは試しにという方にもぜひおすすめです。

btn-review-340
btn-official-340
  • LINEで送る

このページの先頭へ