喘息の原因とは!?何故、喘息を発症するの?

  • LINEで送る

No.03-001

発作が起こると激しい咳が止まらなくなったり、呼吸困難、ヒュヒューやゼーゼーといった呼吸音がして苦しいなど辛い症状が起こる喘息ですが、何故、喘息を発症してしまうのでしょう?

辛い発作が起こる喘息の原因について、詳しく紹介します。

誰でもいつ発症してもおかしくない!?喘息の原因とは

喘息は、子供から大人までまた、男女問わず、いつ、誰でも発症してしまう可能性のある病気です。

そんな誰にでも起こり得る喘息は何故、発症してしまうのか?
その原因を見ていきましょう。

喘息の原因は大きく分けて2種類に分類されます。

1.アレルゲンによるもの

ダニや埃といったハウスダストやペットの毛、花粉、食物などアレルゲンとなる要因は人によって違いますが、アレルゲンによって喘息を引き起こしてしまうケースも珍しくありません。

今現在、喘息の症状はないという方でもアレルギーのある方などは特に注意が必要だといえます。

2.アレルゲン以外によるもの

運動による刺激や喫煙、煙草の副流煙、過労や疲労、ストレス、風邪、環境や天候、気温や湿度などアレルギーとは別の要因で喘息を引き起こすケースもあります。

この場合、何が原因で起こるのか喘息の発作を繰り返すことで少しずつ見えてくるものはあるものの、分かるまでに時間が掛かってしまうのも特徴の一つだと言えます。

アレルゲンとなる要因がなく、喘息の発作を繰り返す場合には、何が要因となり発作を起こしているのか、発作前後の行動や環境から探っていく必要があるのです。

他の病気から喘息に!?喘息に移行しやすい病気

喘息の原因の一つとして挙げられるのが、他の病気から移行するケースです。

では、どのような病気が喘息に移行しやすいのか?
見ていきましょう。

病名 主な症状
百日咳 発作性の激しい咳が2週間続く
マイコプラズマ 高熱と共に激しい咳が続く
結核 微熱が続き、咳が出る
急性気管支炎 風邪やインフルエンザが悪化し発症することが多い
アトピー性咳嗽 のどのかゆみや空咳などの症状がある

こちらで挙げた病気は、ほんの一部となりますがこうした病気によって喘息へと移行してしまうケースもありますので注意が必要です。

喘息は子供の病気と思っていたら大間違い!大人でも喘息を発症する!?

喘息というと、子供が発症しやすい病気というイメージを持たれている方が少なくありませんね。

確かに喘息は、お子さんが発症することの多い病気ではあります。
しかし「子供だけの病気」という訳ではないのです。

実際に発症割合を見てみると・・・
子供の喘息患者の割合が人口の約7%に対して、
大人の喘息患者の割合は人口の約3~4%と言われています。

子供に比べると少ないとはいえ、大人でも充分に発症する可能性を秘めていることは分かりますね。

「激しい咳や呼吸困難といった発作が起こることがあるけど、大人だから喘息ではないだろう・・・」なんて思っていたら大間違い!

喘息に似た症状がある場合には、喘息を発症してしまっている可能性がありますので、自己判断せず、まずは医師に相談されることをおすすめします。

その喘息治るかも??管理人の喘息を完治させたカテキン茶はこれ!

7452-1481728761-3

知っていました?喘息発作はお茶でコントロールできる可能性があるんです。

じつは、お茶に含まれるカテキンには気管支の収縮を抑える作用と、アレルギー物質の影響を抑制する働きをもった抗ヒスタミン作用があり、気管支の炎症を抑えることへの効果が期待できます。

アレルギー体質の改善をサポートしてくれるということは、喘息の症状緩和、そして改善へと繋がるわけです。

管理人は2歳の頃からずっと喘息に悩まされてきましたが、この「白井田七。茶」と出会ってからというもの、喘息に悩まされることはなくなりました。

ちなみに有機栽培のお茶ですので、小児喘息の子でも安心して飲むことができますよ。

全額返金保証もありますので、まずは試しにという方にもぜひおすすめです。

btn-review-340
btn-official-340
  • LINEで送る

このページの先頭へ