長引く咳で疑われる喘息と肺がん、違いを知りたい!

  • LINEで送る

No.12-001

咳の症状がある代表的な病気として「喘息」が挙げられますが、咳が出るからといって必ずしも喘息であるという訳ではありませんね。

風邪、百日咳、気管支炎、結核など、咳の症状がある病気は他にも沢山あります。

病気によってそれぞれ特徴がありますし、原因も変わってきますが・・・
咳の症状だけがずっと続いている場合、肺がんである可能性もゼロではないのです。

喘息と同じように咳症状がある肺がんとはどんな病気なのか?
喘息の違いも含め、詳しく見ていきましょう。

乾いた咳が長引く人は要注意!?喘息と肺がんの違い

喘息は、咳症状のある代表的な病気の一つではあるものの、実際に喘息を患っている方ならご存知の通り、喘息だからといってずっと咳が出て続けている訳ではありませんね。

そう、咳=喘息というイメージを持たれがちですが、実は喘息によって起こる咳は発作の時に限られているのです。

常に咳の症状があるという場合は、喘息以外の病気を疑い、その一つに「肺がん」が挙げられます。

肺がんとは、肺に悪性の腫瘍が出来る病気で症状としては

  • 乾いた咳
  • 胸の痛み
  • 発熱

などが起こりますが、どれも風邪によく似た症状の為、初期段階で肺がんを疑う人は殆どいないといっても過言ではありません。

また、喘息との大きな違いは咳の出る頻度ですね。

発作時に咳が出る喘息とは違い、肺がんの場合、頻繁に乾いた咳が出ます。

但し、肺がん以外にも頻繁に咳が出る病気は少なくありませんので、やはりそれだけで肺がんと判断するのは難しいと言えるでしょう。

肺がんの特徴ってある!?どのくらい様子を見て病院へ行くべき?

前述した通り、肺がんの症状は、風邪などによく似ている為、咳が出るというだけですぐに肺がんを疑う人は少ないと言えるでしょう。

肺がんには、何か特徴があるのでしょうか?

肺がんの代表的な特徴は「1ヶ月以上続き治る気配がない」という点です。

風邪などの場合、無理をせず安静にしていれば1~2週間で良くなっていきますが肺がんの場合、安静にしていても改善がほとんど見られません。

しかし、これは肺がん以外の病気、例えば、気管支炎や結核、百日咳などにも見られる特徴である為、1ヶ月以上咳が続いている=肺がんという訳ではないのです。

その為、肺がんか否かを見極めるにはやはり病院で詳しい検査を行なうより他ないと言えるでしょう。

肺がんでなくても1ヶ月以上咳が続くのは、何かしらの病気を発症していることは間違いありませんので、咳が長引く症状が続いている場合には、早めに医師の診断を受けましょう。

2週間以上咳が続いている場合、病院へ行く目安となりますが、咳症状が重い場合には、様子を見ず早めに受診されることをおすすめします。

その喘息治るかも??管理人の喘息を完治させたカテキン茶はこれ!

7452-1481728761-3

知っていました?喘息発作はお茶でコントロールできる可能性があるんです。

じつは、お茶に含まれるカテキンには気管支の収縮を抑える作用と、アレルギー物質の影響を抑制する働きをもった抗ヒスタミン作用があり、気管支の炎症を抑えることへの効果が期待できます。

アレルギー体質の改善をサポートしてくれるということは、喘息の症状緩和、そして改善へと繋がるわけです。

管理人は2歳の頃からずっと喘息に悩まされてきましたが、この「白井田七。茶」と出会ってからというもの、喘息に悩まされることはなくなりました。

ちなみに有機栽培のお茶ですので、小児喘息の子でも安心して飲むことができますよ。

全額返金保証もありますので、まずは試しにという方にもぜひおすすめです。

btn-review-340
btn-official-340
  • LINEで送る

このページの先頭へ