喘息発作と同時に鼻血まで・・・何か関係ある!?

  • LINEで送る

No.23-001

喘息の症状にお悩みの方の中には、発作が起こると鼻血が出てきてしまうという方がいますね。

喘息の症状は、人によって様々ですが「鼻血」という症状はあまり見かけない為、何か他の病気なのではないか?と不安に思われる方も少なくありません。

特に、喘息をお持ちの方の中でも、発作時の鼻血は小さなお子さんに多い傾向にありますが、喘息と鼻血は何か関係があるのでしょうか?

詳しく紹介します。

発作が刺激となって鼻血が出る!?

喘息の発作時によく鼻血が出てしまうという方、実は珍しくないのです。

喘息の症状を見ても「鼻血」という症状は見当たらないのに、何故、発作の際、鼻血が出てしまうのか?

これは、喘息の発作によって起こる強い咳が影響しています。

私たち人間の鼻の中には、鼻中隔といって表面に毛細血管がたくさん露出している器官があります。

毛細血管というのは、小さな刺激でもすぐに破れやすい血管である為、喘息の発作によって、強く咳き込んでしまうことで毛細血管が破れ鼻血が出てしまうのです。

また、鼻血が出た後というのは、皮膚を怪我した時と同じようにかさぶたができ、少しずつ治っていくのですが、喘息の発作が頻繁に起こるとまだ治りきっていない、つまりかさぶたの状態でまた刺激が加わる為、同じ部位から出血しやすくなり鼻血が出てしまうのです。

小さな子どもに鼻血が多い理由

喘息の発作時に鼻血が出てしまう大きな原因は、毛細血管が咳による刺激によって破れてしまうことだと言えます。

では何故、小さな子どもに多いのか?
一概にはいえないのですが、小さなお子さんの場合、鼻の穴に指を深く入れてほじってしまうなんてこともよくありますね。

大人よりも加減が苦手なため、深く入れ過ぎてしまうなんてことも珍しくありません。

こうした行動によって、鼻中隔に刺激を与えやすくなるとやはり、喘息の発作に限らず鼻血が出やすくなりますので注意しましょう。

喘息の発作で鼻血が頻繁に出る際は、主治医へ相談

喘息の発作に誘発され、鼻血が出てしまうということは特に珍しいことではありません。

しかし、頻繁に出るという場合には、一度、主治医に相談されることをおすすめします。

というのも、咳き込むことで鼻血が出てしまうことはそこまで大きな問題ではありませんが、鼻血が出てしまうほど強い咳が発作時に起こるという点は、喘息患者さんにとっては問題だと言えるでしょう。

鼻血が出てしまう程の強い咳き込みの発作が頻繁に起こる場合は、投薬を始め治療法を見直す必要があるケースもありますので、一度、主治医に相談しておく方が安心ですね。

その喘息治るかも??管理人の喘息を完治させたカテキン茶はこれ!

7452-1481728761-3

知っていました?喘息発作はお茶でコントロールできる可能性があるんです。

じつは、お茶に含まれるカテキンには気管支の収縮を抑える作用と、アレルギー物質の影響を抑制する働きをもった抗ヒスタミン作用があり、気管支の炎症を抑えることへの効果が期待できます。

アレルギー体質の改善をサポートしてくれるということは、喘息の症状緩和、そして改善へと繋がるわけです。

管理人は2歳の頃からずっと喘息に悩まされてきましたが、この「白井田七。茶」と出会ってからというもの、喘息に悩まされることはなくなりました。

ちなみに有機栽培のお茶ですので、小児喘息の子でも安心して飲むことができますよ。

全額返金保証もありますので、まずは試しにという方にもぜひおすすめです。

btn-review-340
btn-official-340
  • LINEで送る

このページの先頭へ