あなたの喘息はどっち!?治る喘息と治らない喘息

  • LINEで送る

No.06-001

喘息は一度発症すると改善が難しいという印象を持たれがちですね。

しかし、喘息を発症しても人によって治る場合と残念ながら治らない場合と2パターン存在します。

では、治る喘息と治らない喘息の違いは何なのか?
また、何故、同じ喘息でも治るパターンと治らないパターンが存在するのか?
詳しく見ていきましょう。

治る喘息と治らない喘息、この違いは何!?

治る喘息と治らない喘息の大きな違いは発症年齢が関係しています。

とはいえ、断言することはできないのですが、傾向としては

  • 子供の頃、発症した喘息は自然治癒 5~7割
  • 大人になってから発症した喘息の自然治癒 1割以下

となっています。

一昔前は喘息というと、子供の病気というイメージを持たれていましたが、最近は大人になってから発症するケースも少なくない上、大人になってから喘息を発症すると自然治癒する可能性はとても低い、つまり「治らない喘息」となるのです。

子供と大人、同じ喘息でも何故、治癒率が変わる!?

発症年齢によって、治るか治らないか大きく変わる喘息ですが、何故、子供の喘息が治りやすいことに対し、大人の喘息は治りにくくなるのでしょう?

子供の頃、発症した喘息というのは大体12~13歳頃までに5割以上が自然治癒するというデータがあります。

16歳以上となってくると、自然治癒率は下がり、大人になってから発症というケースでは自然治癒率はかなり低く1割以下となります。

この違いは何なのか?

大人になるにつれ自然治癒率が低くなる理由は2つ挙げられます。

1.大人の場合、非アトピー型喘息が圧倒多数

喘息には、大きく分けて2種類あります。
アレルギーが要因となり発作が起こる「アトピー型喘息」と環境やストレスなど非アレルギーが要因となり発作が起こる「非アトピー型喘息」です。

大人が発症する喘息の多くは、後者の「非アトピー型喘息」が圧倒的に多くなります。

アトピー型喘息であれば、アレルギー物質に対して発作が起こる為、予防することもできますし、場合によっては体内で抗体が作られることもあります。

しかし、非アトピー型喘息の場合、発作のきっかけとなる要因がはっきりしない、また、予防しにくい上、体内で抗体が作られることもない為、自然治癒は難しくなるのです。

2.子供の方が抗体を作られやすい

前述したように、大人の場合に非アトピー型喘息が圧倒的に多いことに対し、子供の喘息はアトピー型喘息が約9割を占めています。

更に、12~13歳くらいまでの子供は、大人と比べ体内でアレルゲンに対しての抗体が作られやすくなる為、喘息の発作のきっかけとなるアレルゲンの抗体が出来ることで喘息の発作が起こらなくなる、つまり自然治癒が可能となるのです。

その喘息治るかも??管理人の喘息を完治させたカテキン茶はこれ!

7452-1481728761-3

知っていました?喘息発作はお茶でコントロールできる可能性があるんです。

じつは、お茶に含まれるカテキンには気管支の収縮を抑える作用と、アレルギー物質の影響を抑制する働きをもった抗ヒスタミン作用があり、気管支の炎症を抑えることへの効果が期待できます。

アレルギー体質の改善をサポートしてくれるということは、喘息の症状緩和、そして改善へと繋がるわけです。

管理人は2歳の頃からずっと喘息に悩まされてきましたが、この「白井田七。茶」と出会ってからというもの、喘息に悩まされることはなくなりました。

ちなみに有機栽培のお茶ですので、小児喘息の子でも安心して飲むことができますよ。

全額返金保証もありますので、まずは試しにという方にもぜひおすすめです。

btn-review-340
btn-official-340
  • LINEで送る

このページの先頭へ