喘息で入院することに・・・入院期間はどのくらい?

  • LINEで送る

No.28-001

喘息の発作というのは、個人差がある上、同じ人であってもその時の体調や環境、状況などによって重症度が変わってきます。

その為、今までは喘息の発作が起こっても吸入や服薬によって発作を鎮めることが出来ていたものが、鎮まるどころか悪化しつつあるという場合や呼吸困難に陥る程、重い発作が起こってしまう、また、喘息発作が頻繁に起こるといった可能性は、誰でもあるといえます。

こうした時、病院では入院を勧められることになりますが、実際に喘息で入院することになった場合、期間はどのくらいなのか?

また、どのような治療を行なうのか?

事前にしっておきたいですね。

そこで、喘息治療の入院期間や治療内容についてまとめましたので、是非、ご参照下さい。

喘息での入院期間、目安はどのくらい?

喘息によって入院を勧められるケースというのは、決して珍しいことではありません。

  • 喘息発作によって救急搬送された場合
  • 喘息発作の症状が強い場合
  • 喘息発作が頻繁に起こる場合

など、このような場合には、入院を勧められることも少なくないのです。

入院期間は、個人差があるので一概には言えませんが、一般的に平均すると1~2週間という方が多い傾向にあります。

1~2週間と知ると「そんなに!?」と驚かれる方も多いですね。

実際に、入院後、発作が落ち着けばすぐに退院できるものだと思っている患者さんも少なくないのです。

喘息で入院!その目的とは!?

喘息によって入院する場合、入院期間は平均すると1~2週間程が一般的です。

また、発作が落ち着けばすぐに退院許可が下りる訳ではない為、喘息で初めて入院される方は驚かれる方も多いですね。

では何故、発作が落ち着いてもすぐに退院できないのか?

その理由は、患者さんによっても多少違いますが傾向として以下のような理由が挙げられます。

  • 頻繁に発作を起こしている為、集中的な治療が必要である
  • 近々、また大きな発作が起こる可能性がある
  • 血中酸素濃度が低く、改善されていない
  • 生活習慣の改善ができない、または治療放棄などによって喘息が重症化している

など、医師が患者さんの状況を見て、しばらく入院して安静にしていた方が、喘息の症状が落ち着くだろうと判断し、要する期間を決めていきます。

発作が落ち着くと早く退院したいと思いがちですが、今後、また大きな発作を起こさない為という理由が大きいですね。

喘息で入院中、どんな治療をするの!?

喘息で入院すると、どんな治療を行なうのでしょう?
これも患者さんによって様々ですが、基本となる治療は、2つあります。

1.酸素吸入

これは入院初日から、症状が落ち着くまでの間に行なう治療ですね。

酸素が不足しないよう、酸素吸入を行ない症状が落ち着くまで様子を見ます。

2.投薬治療

入院する程の症状ということは、気管支がいつも以上に狭くなっている状態となりますので、気管支拡張剤やステロイドなどを用いて気管支の炎症を抑え充分な気道を確保する為に、投薬治療を行ないます。

この2つの治療を行ない、状態が安定してきたら退院となります。

「自分ではもう大丈夫!」と思っても実はまだ大きな発作が起こる危険がある場合もありますので、入院期間は医師の指示に従い安静を保ちましょう。

その喘息治るかも??管理人の喘息を完治させたカテキン茶はこれ!

7452-1481728761-3

知っていました?喘息発作はお茶でコントロールできる可能性があるんです。

じつは、お茶に含まれるカテキンには気管支の収縮を抑える作用と、アレルギー物質の影響を抑制する働きをもった抗ヒスタミン作用があり、気管支の炎症を抑えることへの効果が期待できます。

アレルギー体質の改善をサポートしてくれるということは、喘息の症状緩和、そして改善へと繋がるわけです。

管理人は2歳の頃からずっと喘息に悩まされてきましたが、この「白井田七。茶」と出会ってからというもの、喘息に悩まされることはなくなりました。

ちなみに有機栽培のお茶ですので、小児喘息の子でも安心して飲むことができますよ。

全額返金保証もありますので、まずは試しにという方にもぜひおすすめです。

btn-review-340
btn-official-340
  • LINEで送る

このページの先頭へ