喘息の発作が起こったら?周りの人の対応方法

  • LINEで送る

No.27-001

喘息にお悩みの方はとても多いですね。

その為、自分は喘息ではないという方でも家族や友人、知人など身近なところに喘息の持病を持っている人がいるという方も少なくありません。

喘息患者さんは、発作が起こらないよう、発作を予防する治療を受けている方や日常生活の中でも発作が起こらないよう気を付けているという方がとても多いですが、それでも防ぎきれないのが喘息発作。

身近で喘息患者さんが発作を起こした時、周りの人はどのように対応すれば良いのか?
その方法を紹介します。

近くで喘息の発作に苦しんでいる人が!周りの人の対応方法とは!?

喘息について、詳しく知っている方や家族などごく身近に喘息患者さんがいる方の場合、喘息の発作を起こしている方を見るとすぐに「喘息?」と気付くことができますね。

近くで喘息であろう発作を起こしている方を見付けたら、周囲の人間はどのように対応すれば良いのか?

順を追って見ていきましょう。

1.まずは、声掛けから

喘息の発作が酷い時は、話しかけられても上手く対応できないことがあります。

その為、「どうされました?」「大丈夫ですか?」という問いかけは、場合によっては返答することができません。

そこで、発作が起こっている人を見かけたら「喘息の発作ですか?」「救急車を呼びましょうか?」と質問します。

このような質問であれば、発作が起こっている時でも首を振ることで返事ができます。

2.喘息発作であった場合には・・・

発作が起こっている方を前のめりに座らせます。

この状態で背中を下から上に向って叩いてあげましょう。
こうすることで、痰を出しやすくなる為、発作を落ち着かせることができるのです。

3.水分を摂らせてあげる

近くに水やお茶などの水分がある場合は、水分を摂らせてあげましょう。
発作が起こっている時は、どうしても水分を摂りにくいのですが、少しずつでも水分を摂ることで痰を出しやすくします。

発作の状態によっては救急車を手配

一口に喘息の発作といっても、人によって、また、その時の環境や体調、状況によって発作の重症度は変わってくるものです。

発作が長引いている場合や呼吸困難に陥っている場合、また、息苦しそうにしている場合には、迷わず救急車を手配しましょう。

喘息の発作くらいで・・・という印象を持たれる方もいますが、喘息の発作が重症である場合、最悪の場合、呼吸困難によって命を落としてしまうことも珍しくないのです。

救急車を手配後もなるべく喘息患者さんが呼吸をしやすいよう、背中を下から上へと叩くことを忘れないであげて下さいね。

その喘息治るかも??管理人の喘息を完治させたカテキン茶はこれ!

7452-1481728761-3

知っていました?喘息発作はお茶でコントロールできる可能性があるんです。

じつは、お茶に含まれるカテキンには気管支の収縮を抑える作用と、アレルギー物質の影響を抑制する働きをもった抗ヒスタミン作用があり、気管支の炎症を抑えることへの効果が期待できます。

アレルギー体質の改善をサポートしてくれるということは、喘息の症状緩和、そして改善へと繋がるわけです。

管理人は2歳の頃からずっと喘息に悩まされてきましたが、この「白井田七。茶」と出会ってからというもの、喘息に悩まされることはなくなりました。

ちなみに有機栽培のお茶ですので、小児喘息の子でも安心して飲むことができますよ。

全額返金保証もありますので、まずは試しにという方にもぜひおすすめです。

btn-review-340
btn-official-340
  • LINEで送る

このページの先頭へ