喘息とは!?どんな病気のことを指すの?

  • LINEで送る

No.001-01

喘息・・・多くの方がその病名を聞けば「咳が止まらない病気」「時々、発作が起こる病気」といった知識は持っている病気ですね。

自分はもちろん、周囲に喘息を持っている人がいなくても、何となくどういった病気なのかは知っているという方がとても多い病気だといえます。

しかし、具体的な症状やどういった病気なのか?と聞かれると、やはり分からないという方は多いでしょう。

そこで、喘息とはどのような病気なのか?
詳しく見ていきましょう。

喘息ってどんな病気!?

喘息とは、呼吸の際、酸素が通過する「気道」が常に炎症を起こしている状態で、ハウスダストや排気ガス、花粉などといった外気からの刺激やストレスや疲労などといったわずかな刺激にも反応し、

  • 呼吸が苦しくなる
  • 激しく咳き込んでしまう
  • ヒューヒュー、ゼーゼーといった呼吸音が出る

などといった症状が現れる病気です。

喘息について、どういった症状が何となく分かるという方も少なくありませんが「発作の際の症状」に対しての知識が多く、発作を起こしてない時でも常に気道が炎症を起こしているというのは意外だったのではないでしょうか。

喘息の発作が起こるのは何故!?

喘息の症状というのは発作の際の症状だけではありません。

では何故、喘息の発作が起こるのか?

それは、前述した通り、気道が常に炎症を起こしていることと関係があります。

気道が常に炎症を起こしているということは、喘息ではない人の気道と比べると気道が狭くなっています。

更に、炎症を起こしているということは、炎症を起こしていなければ何ともないような刺激に対しても敏感になってしまうのです。

その為、外気からの刺激やストレスや疲労などといった刺激に反応してしまい発作が起こりやすくなってしまいます。

また、発作が起こることで更に気道が狭くなってしまう為、呼吸が苦しくなってしまったり、激しく咳き込む、喘息特有の呼吸音が起こるといった症状が出やすくなり悪循環に陥ってしまうのです。

生活環境を整えながらうまくコントロールすることが大切

喘息は、生活環境や季節、気温、天気など様々な影響を受けて発作が起こりやすい状態となります。

その為、喘息の発作を起こさない為にも日頃から生活環境を整え発作が起きにくいよう自らも気を付けながらコントロールしていくことが大切です。

喘息をコントロールするには、まず、喘息とはどういったものなのか?喘息についての知識を付けご自身の症状や状態、生活習慣などを振り返り、喘息の発作が起きにくい環境を作っていくと良いでしょう。

また、医師の指示の元、必要に応じて薬を使うことも大切なことですし、少しでも体調に異変を感じたらそれが喘息とは直接リンクしなくても、まずは主治医に相談することも喘息の発作を起こさないポイントだといえます。

その喘息治るかも??管理人の喘息を完治させたカテキン茶はこれ!

7452-1481728761-3

知っていました?喘息発作はお茶でコントロールできる可能性があるんです。

じつは、お茶に含まれるカテキンには気管支の収縮を抑える作用と、アレルギー物質の影響を抑制する働きをもった抗ヒスタミン作用があり、気管支の炎症を抑えることへの効果が期待できます。

アレルギー体質の改善をサポートしてくれるということは、喘息の症状緩和、そして改善へと繋がるわけです。

管理人は2歳の頃からずっと喘息に悩まされてきましたが、この「白井田七。茶」と出会ってからというもの、喘息に悩まされることはなくなりました。

ちなみに有機栽培のお茶ですので、小児喘息の子でも安心して飲むことができますよ。

全額返金保証もありますので、まずは試しにという方にもぜひおすすめです。

btn-review-340
btn-official-340
  • LINEで送る

このページの先頭へ